お金・ローン・税金

中古住宅取引でのリフォーム費用の考え方
こんにちは、枚方市で活動する不動産エージェント 枚方不動産情報館です。中古住宅の取引を安全に進めるためには、リフォーム費用のうち特に改修費用の把握が重要なポイントとなります。今日はリフォーム費用の考え方をご説明いたします。
こんにちは、枚方市で活動する不動産エージェント 枚方不動産情報館です。2020年8月のフラット35金利は、20年以下が1.04%、21年以上が1.11%と先月から0.01%プラスとなりました。大手銀行5行の代表的な固定期間10年の最優遇金利については、三井住友銀行とみずほ銀行がそれぞれ現行金利から0.05%引き下げ、残りの3行は据え置きとなりました。小幅な増減を繰り返していますが、引き続き、低金利水準が継続していますね。

こんにちは、枚方市で活動する不動産エージェント 枚方不動産情報館です。2020年10月に火災保険が改定されますが、みなさんご存じでしょうか?9月中に加入出来ると多少は割安ですので、今現在住宅購入を検討されている方は、早めに購入し、火災保険も早く加入出来ると良いと思います。
こんにちは、枚方市で活動する不動産エージェント 枚方不動産情報館です。先日、国土交通省より「令和元年度 民間住宅ローンの実態に関する調査」の結果が発表されました。これは民間金融機関を対象に貸し出し状況等を調査した回答結果をまとめたものです。気になる調査結果は・・・?

こんにちは、枚方市で活動する不動産エージェント 枚方不動産情報館です。昨年住宅購入をされた方は、確定申告を行い、住宅ローン控除の手続きはすでに済ませられましたでしょうか?新型コロナウィルスの報道により、うっかり手続きを済まされていない方もいるのではないかと思い、本日は、このような記事を書かせていただきます。
こんにちは、枚方市で活動する不動産エージェント 枚方不動産情報館です。不動産を購入する場合、多くの人が住宅ローンを利用します。そして、住宅ローンを利用すると、購入した不動産に「抵当権」が設定されます。それでは改めて、「抵当権」とはどういったものでしょうか?

こんにちは、枚方市で活動する不動産エージェント 枚方不動産情報館です。2020年2月のフラット35金利は、20年以下が1.03%、21年以上が1.08%と先月から0.01%増となりました。大手銀行の動向については、代表的な固定期間10年の最優遇金利について、長期金利の低下を受け、5行がそろって引き下げとなりました。下げ幅は0.05%〜0.1%です。フラットの金利は先月に続いて微増となっておりますが、引き続き、低金利水準が継続していると言えますね。
こんにちは、枚方市で活動する不動産エージェント 枚方不動産情報館です。住宅ローン返済中の方も、今から住宅ローンを借りる方も「借金をできる限り早く完済したい」「利息をできるだけ少なくしたい」と感じている方がほとんど!そこで今日は、利息軽減をする方法として代表的な「繰り上げ返済」に関してのお話です。

こんにちは、枚方市で活動する不動産エージェント 枚方不動産情報館です。最近ではマンションの管理組合が加入する保険の値上げが相次いでいるようです。老朽化したマンションが増えており、給排水管などの破損が多発し、保険金支払いが膨らんでいるという事をお聞きになった事はありませんか?また、2019年は大型台風による浸水でマンションの共用部に大きな被害が出たのは記憶にある方も多いかと思います。
こんにちは、枚方市で活動する不動産エージェント 枚方不動産情報館です。本日の日本経済新聞の1面記事に中古住宅の取引に関する注目すべき内容「中古住宅流通へ 金利優遇広げる」がありましたので、本日はこちらをご紹介!

さらに表示する