台風12号接近中・・・枚方の浸水対策は?

こんにちは、枚方不動産情報館です。

台風12号が通常とは異なる進路をとり、本州に接近しています・・・気象庁は、これまでの経験が通用しない可能性があると、厳重な警戒を呼びかけていますので、大丈夫だろうと安易な考えは捨てて、雨風が強くなる前に台風への備えをしっかりしておきましょう!

台風による大雨が心配されますので、本日は枚方が現在整備中の浸水対策に関してお話させてもらいます。

 

28日午前11時現在の台風予想進路
28日午前11時現在の台風予想進路


雨水を速やかに排除するポンプ場と雨水貯留管を整備中

ポンプ場の整備

天野川に排水する2つのポンプ場を整備しています。溝谷川ポンプ場(宮之阪1丁目)は今年度完成に向けて整備を進めているそうです。新安居川ポンプ場(大垣内町3丁目)は、新たなポンプ場の建設で排水能力の向上を図るそうです。

 

雨水貯留管の整備

さだ排水区とくずは排水区の2ヶ所で整備しており、完成すれば浸水被害の軽減がはかれるそうです。局地的豪雨に対して有効で、雨水を一時的に貯留管にためて雨がやんでから排水する施設のようです。

 

さだ排水区には貯留量約300㎡の北中振雨水貯留が平成28年5月に完成済み、京阪本線沿いの府道八尾枚方線道路下にある貯留量12800㎡のさだ雨水貯留管が平成30年度までに完成するようです。雨水貯留管以外にも、国道1号と国道170号の交差部の国道用地にある貯留量約600㎡の走谷雨水調整池、既存調整池を利用した貯留量約14600㎡の東中振雨水調整池があるようで、いずれも平成28年5月に完成しているようです。

 

くずは排水区では貯留量約20000㎡の貯留管を整備しているようです。場所はくずは中央公園~くずは東公園の間のくずは中央線(くずはアベニュー)約1kmの間で、内径5mの管を作る予定のようです。(内径も貯留量もすごい数字・・・浸水被害の大幅な軽減が図れそう・・・)

 

さだ排水区の中振地区もくずは地区も、過去に何度が浸水被害が発生している地区ですので、これらの施設が完成するとお近くにお住まいの方は安心ですね!

もちろんご自宅の近くの側溝や排水口の水はけをよくするために、日頃から清掃しておくことも大切ですので、お忘れなく!

台風接近中

あなたが希望する条件の物件情報をなんと自動でお届け!「物件提案ロボ」

インターネットには膨大な物件情報が氾濫している・・・

 

特に枚方市内の不動産情報をネットで検索すると・・・

 

とんでもない数の物件が表示されます!

 

いくつも不動産販売サイトを見続ける物件探しは、もう無理な時代!

 

これからの不動産探しには「物件提案ロボ」を活用しましょう!!!

無駄な時間をかけず、効率よく良い物件を探せますよ♪

物件提案ロボは便利!

<物件提案ロボはここがすごい!!!>
①不動産事業者で紹介可能な全ての物件情報が抽出対象となるので、売りたい物件情報だけをくれる不動産会社とは違い、希望条件に合致する全ての情報が届きます。
②住宅購入を検討する際必要となるネガティブ情報も含まれた、AI評価書付きの不動産情報が届きます。売りたい物件の良い情報だけを提供する不動産会社やネット広告とは全く異なります
ご自分のメールアドレスと物件の希望条件を登録するだけ!
物件提案ロボが売り出しから24時間以内に新着物件をメールに自動送信!
さあ、あなたも我流で時間をかけて探すのではなく、AI技術を上手く利用していきましょう!!!
物件提案ロボ
セルフインスペクションアプリ「セルフィン」

買ってはいけない物件がわかるツール「セルフィン」もぜひご活用ください!

インターネットの物件広告情報を入力するだけで、誰でも簡単に価格の妥当性や物件の注意点など、物件の善し悪しを判断できるアプリです!